社長挨拶

 
代表取締役社長 渡辺邦康

 当連結会計年度におけるわが国経済は、政府による経済政策や金融政策等を背景に、企業業績や雇用環境に改善の動きが見られたものの、急速な円高の進行、新興国の景気減速や英国のEU離脱問題等海外の経済情勢が不安定であり、先行きは不透明な状況となっております。

 食品業界におきましては、穀物価格の変動や為替市場の変動など、企業を取り巻く環境は、不透明な状況が続いております。

 みそ業界におきましては、食の多様化による出荷数量の減少が続いております。

 豆乳業界につきましては、健康志向の高まりを背景に、市場は堅調に推移しております。

 このような環境の中で、当社は消費者の皆様方に安全で安心できる製品の提供に努めるとともに、原価高騰に対して、事業の効率化やコスト削減等の利益向上対策に努め、経営基盤の強化に取り組んでまいりました。

 今後の経済情勢につきましては、中国をはじめとする新興国や西欧における景気の先行き不安など、不透明な経営環境が続くと予想されます。

 当社におきましては、年々高まる豆乳の需要に対応するため、鳥取県における豆乳の新工場建設の2017年7月稼働に向け引き続き推進するとともに、事業の効率化やコスト削減等の利益向上対策に努め、収益の向上を図ってまいります。

 引き続き環境、品質、安全、衛生面で細心の注意を払い、安全で安心できる製品作りをしてまいります。