株主・投資家の皆様へ

経営情報

社長挨拶

当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況で推移いたしました。企業収益は持ち直しつつある一方で、度重なる緊急事態宣言の発令に伴う外出の自粛等により、個人消費は回復には至っておりません。先行きにつきましては、感染症対策の促進により感染拡大が落ち着いてきている中で、各種政策の効果や海外経済の改善もあり、景気が持ち直していくことが期待されますが、感染症の動向や金融資本市場の変動が内外経済に与える影響を引き続き注視する必要があります。

みそ業界におきましては、新型コロナウイルス感染症の拡大により、内食化傾向や高価格商品の売上増加が見られたものの、出荷量の減少が続いております。また、外食産業や宿泊業の需要減退に伴い、業務用のみそも厳しい状況となっております。
豆乳業界におきましては、業務用豆乳の需要の増加が見られましたが、コンビニエンスストア等の不調により一部一般市場の伸びが鈍化いたしました。しかしながら、全体的には健康志向の高まりを背景に、市場は底堅く推移しております。

このような環境の中で、当社グループは「健康で明るい生活へのお手伝い」を企業理念に定め、安全で安心できる製品の供給に努めるとともに、原価高騰への対策としてコスト削減に努め、経営基盤の強化に取り組んでまいりました。

今後の見通しとしては、基幹事業であるみそ事業、豆乳飲料事業のさらなる拡大を図ってまいります。特に鮮度ボトル入りの液状みそ、「豆乳グルト」シリーズ及び「豆乳シュレッド」「豆乳スライス」等のチルド商材、「第3のミルク」と呼ばれるアーモンド飲料等の販売に注力してまいります。さらに、業務用豆乳原料の拡販、即席みそ、調理みその部分内製化による利益率の改善を目指します。

今後も引き続き安全、品質、環境、衛生面において細心の注意を払い、安全で安心できる製品作りを目指していく所存であります。

代表取締役社長
堺信好

マルサングループ企業理念

健康で明るい生活への
お手伝い

社是

  • 1吾々は社会の要求するものを
    より値打ちに供給する。
  • 2吾々は顧客に奉仕し、
    株主に適正な配当をし、
    職場の環境を明るくして、
    従業員の生活の向上を図る。
  • 3吾々は適切な利潤を得て、
    企業の基礎を固める。

pagetop