マルサンアイの歩み

 
1952年 3月 資本金150万円にて岡崎醸造株式会社設立。
1961年10月 マルサン商事株式会社設立。
1964年 9月 社名を岡崎マルサン株式会社に改称。ミックスみそ発売。
1970年 2月 純正こうじみそ発売。
1972年 3月 本社工場を現所在地に建設完工し、旧工場より移転。赤だしみそ「懐石」発売。
1973年10月 マルサン食品株式会社設立。
1980年 4月 本社内に豆乳工場を建設完工。
1983年 1月 商号をマルサンアイ株式会社に改称。資本金2億3,000万円に増資。
1985年 6月 米国での合弁会社アメリカン ソイ プロダクツlnc. を設立し、豆乳の生産を開始する。
1992年 7月 株式会社匠美設立。
1993年 1月 JAS認定工場として、農林水産省より認定を受ける。
4月 株式会社匠美本社工場を現所在地に建設完工し、旧工場より移転。
1994年10月 矢作川沿岸水質保全対策協議会より、水質浄化・排水処理に関しての功績貢献表彰を受ける。
1995年 3月 業務をより充実させるために「マルサンアイ株式会社」と「マルサン食品株式会社」が合併し、新生「マルサンアイ株式会社」となる。
1999年 4月 調製豆乳・麦芽豆乳1Lパックをスリムリキャップにリニューアル。
2001年 6月 名古屋証券取引所第2部上場。資本金5億6,214万円に増資。
9月 ISO9001:1994認証取得 範囲:豆乳の開発・設計及び製造。
2002年 2月 当社豆乳飲料工場が「有機農産物加工食品製造業者」の認定を受ける。
6月 オカラ加工設備を備えた豆乳工場新館を建設完工。
9月 ISO9001:2000に移行 範囲を飲料まで拡大。
2003年12月 株式会社 玉井味噌の株式を取得。(子会社化)
2004年 3月 群馬県利根郡みなかみ町に豆乳関東工場を建設完工。
9月 ISO9001:2000の範囲を味噌工場と営業部門まで拡大。
2005年 3月 「愛知ブランド」認定取得。
7月 特定保健用食品「国産大豆の調製豆乳」を発売。
9月 ISO9001:2000の範囲を関東工場まで拡大。
2006年 2月 資本金8億6,544万円に増資。
9月 ISO9001:2000 範囲を(株)匠美まで拡大。
10月 新物流センターを建設完工。
2007年 3月 カロリーひかえめ「カロリーオフ豆乳」を発売。
9月 ISO9001:2000 マルサン取扱い商品全てを適用。更新審査完了。
2008年 9月 ISO9001:2000 範囲を(株)玉井味噌まで拡大。
2009年 3月 国産プレミアム大豆「きぬさやか」使用「ひとつ上の豆乳」発売。
12月 「ひとつ上の豆乳」が「第39回食品産業技術功労賞」受賞。
2010年 3月 「豆乳グルト」発売。(エリア限定)
9月 ISO9001:2008に移行。
2011年12月 取締役会長 青木 春雄 就任。
取締役社長 伊藤 明徳 就任。
2012年 3月 丸三愛食品商貿(上海)有限公司を設立。
豆乳1Lパックに新キャップを日本国内初採用。
2013年 7月 アメリカのブルーダイヤモンドグロワーズ社とアーモンド飲料の製造と販売に関するライセンス契約を締結。
9月 アーモンド飲料「アーモンドブリーズ」発売。
2014年 6月 タイのサハチョール社と豆乳の製造技術指導契約及びライセンス契約を締結。
2015年12月 取締役会長 伊藤 明徳 就任。
取締役社長 渡辺 邦康 就任。
2016年 1月 マルサンアイ鳥取株式会社設立。
11月 FSSC22000(食品安全システム認証)を取得。範囲:本社:豆乳・味噌工場。
■経営合理化優良企業として、中小企業庁長官より表彰を受ける。(1958.8)
■中小企業合理化モデル工場として、中小企業庁より指定を受ける。(1960.1)
■中小企業合理化モデル工場として永年の協力に対し、中小企業庁長官より表彰を受ける。(1964.11)
■全国酒類調味食品品評会において、第一席金賞を受賞する。(1964.11)
■全国味噌技術会全国品評会において、最高位賞を受賞する。(1965.11)
■全国酒類調味食品品評会において、業界初のダイヤモンド賞を受賞する。(1968.10)
■全国味噌工業協同組合主催、全国味噌品評会において、農林大臣賞を受賞する。(1970.11)
■通産大臣より永年にわたり中小企業モデル工場として、企業の経営合理化推進に貢献した功績により、表彰を受ける。(1974.5)
■厚生大臣より食品衛生優良施設で表彰を受ける。(1978.11)
■社会保険庁より健康優良事業所として長官表彰を受ける。(1982.11)
■全国味噌鑑評会において「懐石」が中央味噌研究所理事長賞を受賞する。(1993.11)
■全国味噌鑑評会において「カップ家康」が食糧庁長官賞を受賞。及び「味噌仕込工場」が技術表彰を受ける。(1994.11)
■全国味噌鑑評会において「純正こうじみそ」が全国味噌工業協同組合連合会会長賞を受賞する。(1995.11)
■全国味噌鑑評会において「赤だし」が食糧庁長官賞を受賞する。(1997.11)
■全国味噌鑑評会において「赤だし」が全国味噌技術会理事長賞を受賞する。(1998.11)
■20世紀食品産業発展賞受賞。(2001.6)
■全国味噌鑑評会において「懐石」が食糧庁長官賞を受賞する。(2001.11)
■全国味噌鑑評会において「赤だし」が食糧庁長官賞を受賞する。(2002.11)
■全国味噌鑑評会において「純正こうじみそ」が総合食料局局長賞を受賞する。(2003.11)
■全国味噌鑑評会において「赤だし」が全国味噌技術会理事長賞を受賞する。(2004.12, 2005.11, 2006.11)
■全国味噌鑑評会において「赤だし」が農林水産大臣賞を受賞する。(2007.11)
■全国味噌鑑評会において「赤だし」が全国味噌工業協同組合連合会会長賞を受賞する。(2008.11、2009.11)
■愛知県味噌溜醤油品評会において「懐石」が豆みその部にて愛知県知事賞を受賞する。(2010.10)
■全国味噌鑑評会において「懐石」が豆みその部にて総合食料局局長賞を受賞する。(2010.11)
■全国味噌鑑評会において「赤だし」が鑑評会審査長賞を受賞する。(2011.11)
■全国味噌鑑評会において「純正こうじみそ」が中央味噌研究所理事長賞を受賞する。(2012.11)
■全国味噌鑑評会において「純正こうじみそ」が全国味噌工業協同組合連合会会長賞を受賞する。(2013.11)
■全国味噌鑑評会において「懐石」が豆みその部にて全国味噌工業協同組合連合会会長賞を受賞する。(2014.11)
■全国味噌鑑評会において「赤だし」が食料産業局長賞を受賞する。(2015.11)
■全国味噌鑑評会において「赤だし」が食料産業局長賞を受賞する。(2016.11)