豆まめママの親子で作るわくわくレシピ

豆まめママこと【長田 絢】食の大切さを伝える料理研究家。2児の母親。

はちみつ味噌漬けの鮭フライ
2015年10月19日放送

こちらの商品を使用しています

味の饗宴 無添加生

材料(4人分)

<A>はちみつ味噌
├味噌(味の饗宴 無添加生
300g
└はちみつ
120g
4切れ
1個
塩、薄力粉、パン粉、揚げ油
適量
 
 
木綿豆腐
100g
ウズラの卵
4個
きゅうり
1/2本
にんじん
1/3本

作り方

  1. 鮭の両面に塩をふり少し時間をおき、水分が出てきたらペーパーで拭き取る。
  2. <A>を混ぜ合わせる。
  3. 保存容器に 2. )を広げて 1. )をのせ、もう一度 2. )を塗り、蓋をして冷蔵庫で1~2時間おく。
  4. はちみつ味噌を拭き取って、薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
  5. 4. )を中温の油で揚げる。
  6. ウズラの卵はゆでて、木綿豆腐は水切りする。きゅうりは薄切り、にんじんは拍子木切りにして、別の保存容器に 2. )を広げて漬ける。
    (1~3日程度、お好みの味になるまで漬けて下さい)
  7. 6. )で漬けた材料のはちみつ味噌を拭き取り、5. )と一緒に皿に盛る。
※ウズラの卵は生卵の状態から沸騰したお湯で3分程ゆでます。
※木綿豆腐はキッチンペーパーなどに包み重しを乗せしっかり水切りをしておくと漬け込んだ後も水っぽくなりません。

【お手伝いポイント】

はちみつと味噌を混ぜ合わせて、漬けてもらいましょう。和食の文化でもある漬物の作り方を学べます。
今度は何をつけてみようか相談するのも楽しいですね。今の季節は、菊芋・長芋・ゴボウなど、変わったものだとアボカドやチーズを漬けるのもおすすめです。

【栄養ポイント】

鮭の赤い色素であるアスタキサンチンには強い抗酸化力があり、免疫力を向上してくれる効果があります。またDHAには脳細胞を活性化させ、学習能力や集中力を高める効果があります。

【味噌ポイント】

鮭を味噌に漬ける事で、揚げてもパサつかずしっとりとした食感に仕上がります。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにもピッタリです。