よくお寄せいただくご質問と回答集(Q&A)

皆さまよりいただいたご質問の多いものや、皆さまにも是非知っていただきたいと思うご質問などの回答を掲載しております。

豆乳について

その他

Q11000ml容器の新キャップはどのような仕組みになっているのですか?
A1000ml容器の新キャップは、いたずら防止リング付きのスクリューキャップを採用しています。
開栓前は、いたずら防止リングがキャップに付いています。キャップを開封するといたずら防止リングが下にはずれ、同時に口栓内側の歯がアルミをカットしながら開封します。アルミは一部残った状態でカットされるため、容器内にアルミが離脱することはありません。
なお、開封後に容器を横にするとキャップから豆乳が漏れる場合がありますので、容器を倒さないように注意し、必ず立てて冷蔵庫で保存してください。 また、キャップを持って容器を持ち上げるとキャップがはずれる場合がありますので、必ず容器を持って持ち上げてください。
Q21000ml容器の新キャップを開けたところ、アルミが既に開いていました。最初からアルミが開いているのですか?
Aキャップを回すと同時に、口栓内側の歯がアルミをカットしながら開封する設計になっています。キャップ開栓前はアルミで密閉されていますのでご安心ください。なお、アルミは一部残った状態でカットされるため、容器内にアルミが離脱することはありません。
Q31000ml容器の新キャップが未開栓か開栓済みかを確認する方法はありますか?
A未開栓の状態では、キャップといたずら防止リング(以下、リング)が繋ぎ目で繋がっています。 リングがキャップと繋がっていることを確認すれば、一度も開栓されていないことが分かります。
未開栓のように見えても、リングに触れてみてリングが下にはずれる場合は、開栓済みです。


もしくは、パックを軽く左右に振っていただくことにより確認することができます。未開栓の状態では音がしませんので、一度も開栓されていないことが分かります。万が一開封されている場合は、空気が入ることにより(チャポチャポなどの)音がします。
Q41000ml容器の新キャップですが、注ぐ時に豆乳が跳ね返ってうまく注げません。注ぎ方のコツはありますか?
Aできるだけ注ぎ口から空気が入るよう注ぎ口を大きくしていますが、内容液で注ぎ口全体を塞ぐ場合もあり、この場合、内容液はスムーズに出ません。
通常は注ぎ口を下側にしてパックを持つと思いますが、注ぎ口の位置を下ではなく上側にすることにより、空気が入りやすくなるため、豆乳がスムーズに注げるようになります。


右手でパックを持つ場合は、表(オモテ)面デザインが手前(または下向き)になるようにパックを持ちます。左手でパックを持つ場合は、パック裏面が手前(または上向き)になるように持って注ぎますと、豆乳の跳ね返りを抑えることが出来ますのでお試しください。なお、注ぐ際には、コップを注ぎ口に近づけて注いでください。
Q51000ml容器の新キャップを開栓後、容器内でアルミが豆乳に浸っていますが、アルミが溶け出したりしませんか?身体への害はありませんか?
Aアルミはポリエチレンで覆われているためアルミが容器内の液体と直接触れて溶け出すことはありませんので、ご安心ください。また、アルミのラミネート面は酸化アルミとなっているため、食品の酸程度で溶出することはありません。
Q6ごみ分別の際、簡単に注ぎ口を取りはずす方法を教えてください。
Aフラップ(三角の折り込んだ部分)をはがして容器をたたんでから、注ぎ口を後ろから押すと、簡単に取りはずすことができます。
注ぎ口の取りはずし方、およびアルミ付き紙容器の開き方について、詳しくは下記をご参照ください。

「テトラパック リサイクル便」のホームページ
http://www.recycle-bin.jp/?menu=open
Q7豆乳1L容器は、どうして牛乳の容器のようにしないのですか?
A現在、弊社製品に使用しております容器は、TBA(テトラブリックアセプティック)という種類の容器で、未開封時であれば、常温で長期保存が可能です。
しかしながら、牛乳パックのような屋根型タイプでは常温で長期間保存はできず、チルド流通となります。
それゆえ、弊社では、保存性及び流通等も考慮し、現在のような形状のものを製造しております。
Q8牛乳を飲むとおなかがゴロゴロしますが、豆乳は大丈夫ですか?
A豆乳は乳糖を含まないため、牛乳が体質に合わない乳糖不耐症の方にはお勧めしますが、個人差がありますのでご注意ください。
Q9販売店によって商品の価格が違います。なぜですか?中身も違うのですか?
A各商品の小売参考価格はありますが、売値は各販売店にて設定されますので、当社では決められません。
販売店までの流通ルートの違い、またチラシ価格などによりお店での価格が異なってきます。
なお、パッケージデザインが同一の場合は、中身も同一となります。