コレステロールのお話

LDLコレステロールが高いとどうしていけないの?

余分なLDLコレステロールが血管の壁に付着し、血液の流れを悪くします。

LDLコレステロールは肝臓で作ったコレステロールを全身の組織へ運ぶ働きがあります。LDLコレステロールがたくさんあると、血管の壁に付着・蓄積して、コブを作ってしまいます。そのため、血液の流れを悪くし、動脈硬化が進行します。この働きからLDLコレステロールは「悪玉コレステロール」と呼ばれます。

一方、HDLコレステロールはいろいろな臓器で使い切れずに余ったコレステロールや、血液の中や血管の壁からコレステロールを回収し、肝臓に戻します。動脈硬化が進むのを抑える働きをするため、「善玉コレステロール」と呼ばれます。

「悪玉コレステロール」と「善玉コレステロール」の働き